睡眠薬は危険?睡眠薬の依存性や副作用に迫る

睡眠薬は危険?

日本では慢性的な不眠で悩む成人が多いとされています。
日本人成人の睡眠薬服用率は7.4%といわれており、その過半数が週に3回以上服用しているそうです。

これは決して低い数字ではなく、なかには睡眠薬に依存してしまって毎晩飲まないと寝られないという方もいるのです。

睡眠薬は昔とくらべて安全性の高いものも大分増えてきているのですが、それでも依存性や副作用のリスクはあり得ます。

睡眠薬は依存性の高い薬?!

睡眠薬の依存性について

睡眠薬は依存性の高い薬だと思っている人が多いのが現状ですが、睡眠薬にはさまざまな種類があり、近年開発された睡眠薬は比較的依存性が低いとされています。

しかし、どんなに安全性の高い睡眠薬でも長期間使用していると、身体に耐性がついて効き目がうすくなってしまいます。

効かなくなったからといって別の種類の睡眠薬に替えてそれをまた長期使用してしまうと、これは依存していることになってしまうでしょう。

これは身体的に依存している状態で、その場合睡眠薬の服用を止めると、頭痛や抑うつといった離脱症状が起こりやすいといわれています。

睡眠薬の離脱症状のひとつに「反跳性不眠」と呼ばれる症状があるのですが、これは睡眠薬を中断すると不眠症が悪化してしまうというものです。

薬の服用をやめたいのに、いざ飲まなかったら全然ねむれないといった声が多数あがっています。

睡眠薬はあくまで質の良い睡眠を取るための手段として考え、日常的に使用するのは依存する危険性が高まるのでオススメできません。

睡眠薬の副作用

睡眠薬の副作用

睡眠薬の成分が違えば作用や効果が違うように、副作用もその成分によって異なります。

デパスなどのベンゾジアゼピン系の睡眠薬では、一時的な健忘や夜間異常行動、ふらつき、めまいなどが起こりやすく、とくに高齢者が服用していると健忘のため認知症ではないかと疑われたり、ふらつきによって転倒して怪我を負ってしまうケースがあります。

非ベンゾジアゼピン系はベンゾジアゼピン系に比べるとそのような副作用のリスクが軽減されているのですが、それでも摂取量が増えていくについれて上記のような症状が起こりえます。

睡眠薬は用法用量ただしく守ることが重要!

睡眠薬を正しく使う

睡眠薬は今や市販でもたくさん販売されていますし、病院で扱っているものも種類が豊富にあります。

いずれの睡眠薬も厚生労働省が安全だと判断した結果、販売を承認しているので安心して服用することができます。

しかし用法用量をきちんと守らなければ、長期間服用したりすると依存してしまったり、副作用に悩んだりすることがあるので十分に気をつけましょう。

睡眠薬通販サイトのバナー

Posted by CHAMI


PAGE TOP